洋ランが当たる「花の福袋」

 栃木市岩舟町下津原のとちぎ花センターで3日、新年恒例の「花の福袋」が販売され、家族連れなどでにぎわった。

 福袋は3千円と5千円の2種類。くじ引きで、花持ちの良いコチョウランやシンビジウムが当たる。2、3日の2日間で計30~40セットを用意。販売所にはピンクや黄色の花を付けた多彩な洋ランが並んだ。

 センターの木津遥(きづはるか)さん(27)は「年始めの運試しに楽しんでもらえたらうれしい」と笑顔を見せた。