東洋大3区の吉川(左)が4区の相沢にたすきをつなぐ=神奈川県平塚市

青学大2区の梶谷(右)が3区の森田にたすきを渡す=横浜市

東洋大3区の吉川(左)が4区の相沢にたすきをつなぐ=神奈川県平塚市 青学大2区の梶谷(右)が3区の森田にたすきを渡す=横浜市

 第95回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の22校とオープン参加の関東学生連合を加えた23チームが参加して行われ、3区で区間4位の力走を見せた吉川洋次(よしかわひろつぐ)(那須拓陽高出)を含む東洋大が5時間26分31秒で2年連続7度目の往路優勝を果たした。

 初の総合優勝を目指す東海大が1分14秒差の2位につけた。国学院大が3位と健闘。駒大が4位、法大が5位で続き、史上3校目の総合5連覇を狙う青学大は5分30秒差の6位と出遅れた。

 昨年まで3大会連続総合2位の東洋大は1区で西山和弥(にしやまかずや)が2年連続の区間賞を獲得。1キロすぎでトップに立った3区の吉川は終盤2位に後退したが、粘り強い走りを見せた。先頭と8秒差の2位で出た4区の相沢晃(あいざわあきら)が区間記録を塗り替える快走でトップを奪い返し、リードを山上りの5区でも守った。

 往路には吉川のほか県勢4選手が出走。青学大4年梶谷瑠哉(かじたにりゅうや)(白鴎足利高出)は2区10位、上武大3年斎藤優(さいとうゆう)(足工高出)は1区20位、拓大2年石川佳樹(いしかわよしき)(烏山高出)は4区13位、日体大3年廻谷賢(めぐりやけん)(那須拓陽高出)は4区18位だった。

 3日の復路は5区間、109・6キロで争われる。