大勢の初詣客でにぎわう境内=2日午前10時30分、宇都宮二荒山神社

 よく晴れた穏やかな陽気となった2日、宇都宮市中心部の宇都宮二荒山神社には多くの初詣客が訪れた。家族や友人と並んで手を合わせるなどし、1年の幸せを祈った。

 元日は例年より1万人少ない約21万人、2日は夕方までに前年より1万5千人多い約13万5千人が参拝した。同神社は「1日をゆっくり過ごす人が増えているのでは」と話す。

 境内は参拝客でいっぱいになり、絵馬やお守り、おみくじの売り場でも長蛇の列ができた。