栃木SC、2試合ぶり白星 熊本に1−0

 明治安田J2第6節は25日、各地で11試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで8位の熊本と対戦、1−0の完封で今季2勝目を挙げた。通算成績は2勝1分け3敗の勝ち点7。順位は15位に浮上した。

 栃木SCは3バックの布陣。前線はFW大黒将志(おおぐろまさし)の1トップで、FWネイツ・ペチュニクはベンチスタートとなった。

 序盤からパスをつなぎ攻め込む栃木は前半14分、3試合ぶり先発のFW牛之浜拓(うしのはまたく)が左サイドからクロス。相手DFに当たって得たCKのチャンスでMF福岡将太(ふくおかしょうた)が頭で合わせ幸先良く先制した。その後もFW西谷和希(にしやかずき)や牛之浜が追加点を狙ってシュートを放ったが、いずれも枠を外れた。

 1点リードの後半は両サイドのポジションを下げ、5バック気味にシフト。熊本に押し込まれる場面もあったがDF服部(はっとり)康平(こうへい)や田代雅也(たしろまさや)らが集中を切らさず、最後までゴールを割らせなかった。

 次節は4月1日午後2時から、福岡市のレベルファイブスタジアムで11位の福岡と対戦する。