後半16分、矢板中央のMF飯島がPKを決める=ニッパツ三ツ沢球技場

 第97回全国高校サッカー選手権は2日、各地で2回戦が行われ、2年連続9度目の出場を果たした本県の矢板中央は日章学園(宮崎、2年連続14度目)に2-1で競り勝った。

 矢板中央は前半20分にFW望月謙のゴールで先制し、後半16分にMF飯島翼がPKを決めて追加点を挙げた。同20分にはオウンゴールで1点を献上したが、その後は粘り強い守備でリードを守り切った。

 矢板中央は3日午後0時5分から、川崎市の等々力陸上競技場で行われる3回戦で8強入りを懸けて立正大淞南(島根、3年連続17回目)と対戦する。