「坂道に停留場はできるの」「宮まつりの開催は」-。宇都宮市は、次世代型路面電車(LRT)事業のJR宇都宮駅西側への延伸に向けた検討を始めたが、中心商店街連盟の要請で開いた意見交換会では、さまざまな質問が出された。市は他都市の事例も交えながら、一つ一つ疑問や懸念に回答。今後も関係団体等と意見交換を重ねながら、LRTを生かした魅力あるまちづくりの検討を進める方針だ。

 11月29日、うつのみや表参道スクエアで開かれた駅西側LRT導入に向けた意見交換会。宇都宮中心商店街活性化委員会、宇都宮中心商店街みやヒルズ活性化委員会の役員ら商店街関係者15人ほどが市のLRT担当者らを迎えた。

 意見交換は9月に続き2回目。テーブル上に広げられた図面を前に、商店街側からはさまざまな質問が出された。