「あしかがフラワーパーク駅」戦略的新駅、利用促す JR東日本高崎支社長・百瀬氏 

 県内では35年ぶりのJR新駅となる両毛線「あしかがフラワーパーク駅」が4月1日、足利市迫間(はさま)町に開業する。年間約150万人が訪れる同名の民間施設に隣接する駅は、同施設の大フジやイルミネーション期間中の交通渋滞緩和、鉄道利用客の市内回遊などの効果が期待されている。同駅を管轄するJR東日本高崎支社の百瀬孝(ももせたかし)支社長(54)に新駅誕生の背景や市との今後の連携などについて聞いた。

  ◇    ◇

 −新駅は地元自治体や住民の設置要望に応えた「請願駅」とは、位置付けが異なると聞いた。

 「JR東日本は、2012年に発表したグループの経営構想の中で、『設置について事業性を多角的に検証し、地元自治体と連携して具体化を図る駅』として『戦略的新駅』を打ち出した。小田栄駅(川崎市、16年3月開業)に次いで、2例目の戦略的新駅となる」

 −誕生までの経緯を。

 「経営構想を基に、15年6月から鉄道利用促進などを目的とした勉強会を足利市と始めた。両毛線を活性化したいという思いは同じ。富田−足利駅間にあるフラワーパークは非常に集客力があり、外国でも紹介されている。まずは駅を造ることで、市の渋滞対策に協力できるし、観光客の車から鉄道への転換も図れるのではないかと、市と議論を重ねて具体化したのが、翌年8月に結んだ『駅を中心としたまちづくり及(およ)び鉄道利用促進の連携協定』だ」

 −小田栄駅も川崎市と交わした「包括連携協定」が前提にある。JRがまちづくりにかかわり、自治体と一緒に沿線の魅力を向上させていくということか。

 「足利市内には日本遺産の史跡足利学校、国宝の本堂を持つ鑁阿(ばんな)寺があるし、少し離れるがココ・ファーム・ワイナリーもある。市とは駅を新設しただけでなく、新駅を拠点としてさまざまな周遊ができるアイデアを一緒に検討しようと話している」