引率教員3人が停職 宇田教育長は減給 那須雪崩事故

 那須町湯本の国有林で昨年3月、登山講習会中だった大田原高の生徒と教員の計8人が死亡した雪崩事故で、県教委は19日、安全への配慮が欠如していたとして、講習会を主体的に引率した大田原高の猪瀬修一(いのせしゅういち)教諭(51)と真岡高の菅又久雄(すがまたひさお)教諭(49)は停職5カ月、栃木高の渡辺浩典(わたなべひろのり)教諭(55)は停職3カ月とする懲戒処分を発表した。

 このほかの講習会講師や引率教員、県教委幹部ら8人が訓告など指導措置となった。宇田貞夫(うださだお)県教育長は特別職のため処分対象とならないが、月額給与の10分の1を6カ月間自主返納することを明らかにした。