イチゴ狩り予約、WEBで円滑に 鹿沼・出会いの森いちご園

 観光イチゴ園「出会いの森いちご園」(鹿沼市酒野谷)を運営する農業生産法人かぬま(同市塩山町)は、日ごとの受け入れ可能人数を表示する「イチゴ狩り予約WEBシステム」を構築し、運用を始めた。ソフトウエア開発のケイエムシー(宇都宮市中今泉5丁目)と共同開発した。

 同園はハウス11棟(約27アール)でとちおとめの摘み取りができる。1~5月中旬の期間中、約8千人を受け入れている。予約は従来、電話やホームページ(HP)などで受けてきた。

 ただ繁忙時はスタッフが電話対応や予約成否結果の手動でのメール返信に追われるなど、栽培管理、パック詰め、来場者接客に支障が出ることがあったという。

 こうした課題を解決するため、システムを導入した。予約受け付け画面は、団体も可能な「◎」、受け入れ枠があと半分の「〇」、満杯だと「×」になる。1割を切ると受け入れ可能な残りの人数を表示する。