国学栃木、初戦は英明(香川) センバツ高校野球

 第90回記念選抜高校野球大会(23日から13日間、甲子園球場)の組み合わせ抽選会が16日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われ、国学栃木(18年ぶり4度目)は大会初日23日の第2試合(午後1時開始予定)で四国大会準優勝の英明(香川、3年ぶり2度目)と1回戦で対戦することが決まった。

 今回は記念大会のため、例年より4校多い36校が出場する。近畿地区から順に、同じ都道府県の出場校が決勝まで、同じ地区の出場校が準々決勝まで対戦しないように振り分けて本抽選を実施した。国学栃木は大久保謙亮(おおくぼけんすけ)主将が抽選に臨み、11番のくじを引いた。その後、英明が10番のくじを引き当て、対戦カードが決まった。