「栃木SCレディース」始動 ゼビオが社員雇用、メンバー8人を発表【動画】

「栃木SCレディース」始動 ゼビオが社員雇用、メンバー8人を発表【動画】

 J2栃木SCとスポーツ用品販売大手のゼビオ(福島県郡山市)が運営する女子サッカーチーム「栃木SCレディース」の壮行会が16日、宇都宮市星が丘2丁目の宇都宮オフィスで開かれ、チーム体制が発表された。4月に始まる県リーグに向け、チームがいよいよ始動する。

 ゼビオには現在約50人の現役アスリートが勤務。栃木SCレディースも選手ら全員を正社員雇用され、キャリア形成が最優先事項。「アスリートビューティー」をコンセプトに、競技者としての成長と技術や経験を生かした接客などが求められる。栃木SCはホームゲーム開催のノウハウなどをサポートする。

 チームを率いるのは宇都宮市出身の黒川綾華(くろかわあやか)監督。常磐木学園高(仙台市)で全日本女子ユース(U−18)選手権2連覇という経歴を持ち、「県リーグ1位、関東リーグ参入を目指す」と意気込む。なでしこリーグの新潟などで活躍した山田頌子(やまだしょうこ)はゼネラルマネジャーに就いた。

 発表されたメンバーは22~25歳の8人。MF高橋彩(たかはしさや)、DF古河原(こがはら)胡桃(くるみ)は栃木SCレディースU−15、文星女高出身で、山梨学院大卒の高橋は「競技を辞めようと思っていたところに話をいただいた。1年目から結果にこだわる」。古河原は「戻ってきたのも何かの縁。頑張りたい」と話した。