任せて安心のサービスを

 

 「昨年はお客様のサポートをより強化するため、午後5時までに連絡をいただいたらその日のうちに100%訪問することを実現しました。トータルサポートとして、われわれのサービス以外の原因でも対応を実施し、喜んでいただいています」と地域密着、地域への最大限のサービスを提供している。

 1991年に栃木市で開局、現在は栃木、群馬、茨城の3県で5市5町にサービスを提供している。県内では昨年7月に下野市の全域に拡大し栃木市、壬生町の全域がエリア。内容は「放送サービス」と「インターネット接続サービス」、「電話サービス」が3本の柱となる。昨年はインターネット接続料の大幅値下げを断行したこともあり、全てのサービスにおいて利用者が約1割増加した。

 利用者のライフスタイルの変化により、放送はテレビで、インターネットはパソコンで、電話は固定電話でという常識が「いつでもどこでもスマホなどモバイル端末で」という利用環境に急速に変化した。「固定回線を中心に事業を展開してきたケーブルテレビ事業者は厳しい状況」としながらも、「世の中の動きを捉えてわれわれも変わり続けよう」と変化を恐れずにチャレンジしてきた。

 今年は上三川町全域にエリアを拡張、12月に一部エリアで開局する予定。インターネットでは集合住宅を中心に、窓際に端末を置いて無線のサービス「おくだけネット」を始める。昨年暮れからスタートしたテレビの4K放送では「4K見るならケーブルテレビ」を合言葉に、切り替え対応を積極的に進め新たな利用者増にもつなげたい考え。

 「感謝の思いを感動へ!」の社のスローガンの下、全社員が常に利用者ファーストを徹底する。顧客が今求めている、将来求めるであろうサービスを追求する。「これからも大手企業にはできない地域密着のサービスを提供し、『ケーブルテレビだから任せて安心』とお客様に実感していただける会社を目指します」