県内は28日、各地で冷え込み、土呂部や那須高原など県北部の山地を中心に積雪を観測したほか、宇都宮でも雪が舞った。

 宇都宮地方気象台によると、強い冬型の気圧配置と寒気の影響という。この日の最高気温は宇都宮で6・2度など県内各地で平年を下回り、奥日光で氷点下6・1度など4観測地点で真冬日となった。

 同気象台によると、29日午後6時までに北部山地で30センチ、北部平地で10センチの降雪が予想される。この状況は30日まで続く見込み。