新教科「NAiSUタイム」の1つ、大雨をテーマにした防災教育の公開授業=7月中旬、那須町芦野

 那須町教委は28日までに、学校や地域の特色を生かした特別な教育課程編成が可能になる「教育課程特例校」に、文科省から指定された。人間関係、防災教育、プログラミング教育の三つで構成する新教科「NAiSU(ナイス)タイム」を、2019年度から正式教科として町内8小中学校で実施する。防災教育を取り込んだ教科は珍しいといい、町教委は「知、徳、体、コミュニケーションの調和のとれた育成と個性の伸長を目指す」としている。

 町教委は2014年度から小中学校の統廃合を推進。一方、高い教育効果を求めて幼保小中一貫教育を進め、16年度から検討委で内容を検討してきた。