台北101を清掃する従業員ら

凱旋門を清掃する従業員ら

凱旋門を清掃する従業員

「清水寺」の今年の漢字の看板を入れ替える作業員

安全帯を着用して「東京タワー」に上り作業する従業員

台北101を清掃する従業員ら 凱旋門を清掃する従業員ら 凱旋門を清掃する従業員 「清水寺」の今年の漢字の看板を入れ替える作業員 安全帯を着用して「東京タワー」に上り作業する従業員

 【日光】鬼怒川温泉大原のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」で28日、25分の1サイズのミニチュア建造物の大清掃が行われた。従業員25人が2時間ほどかけ、世界各地の“名所”の汚れを落とした。

 時折雪も舞う寒さの中、従業員はパリの凱旋(がいせん)門や台湾の超高層ビル「台北101」、東京タワーの水拭きなどを行った。一年の世相を表す「今年の漢字」の看板を展示している清水寺では、昨年の「北」から今年の「災」への入れ替え作業も行われた。

 この日に偶然、旅行で訪れたという横浜市神奈川区子安台1丁目、会社員間瀬侑太郎(ませゆうたろう)さん(23)は「年に1度の漢字の入れ替えを見られてうれしかった」と話した。