女湯盗撮で25歳教諭を停職5カ月 栃木県教委

 入浴施設で女湯を盗撮したとして、県教委は12日、県西の小学校に勤務する男性教諭(25)を停職5カ月の懲戒処分にしたと発表した。県教委は男性教諭からの退職願を受理しており、13日付で退職となる。

 県教委によると、男性教諭は1月15、18日の勤務終了後、男湯に入浴中に壁の上や露天風呂の仕切りの下の隙間からスマートフォンをかざして女湯を動画撮影した。女性客が盗撮に気付き、施設側が警察へ被害届を提出。教諭は同月20日、出頭した。

 県教委の調査に教諭は「2日間で少なくとも計12回、合計1分程度撮影した」と説明。「(女性の入浴姿を)見てみたかった。これまで信じてくれていた子どもたちに申し訳ない」などと話しているという。インターネットなどへの動画の流出は確認されていない。