栃木SC開幕3連敗 山口に2−5、今季最多失点

 明治安田J2第3節は11日、各地で10試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで首位の山口と対戦、今季最多の5失点で2−5と完敗した。開幕3試合で計12失点と失点が止まらずに3連敗。勝ち点0、得失点差はマイナス8で、順位は最下位で変わらない。

 栃木SCはFWネイツ・ペチュニクに代えて榊翔太(さかきしょうた)が初先発し、大黒将志(おおぐろまさし)と2トップを組んだ。序盤は優勢に進め、前半7分にCKを大黒が頭で合わせたがGKの正面。9分の大黒のシュートは相手DFに当たって枠を外れた。

 好機を逃すと16分、カウンター攻撃を浴びて豪快なミドルで先制点を献上。38分にCKを頭で合わされ、ロスタイムには3点目を決められた。

 後半も立ち上がりに失点。4点を追う18分、22分にペチュニクが連続ゴールを決めて2点差としたが、反撃もそこまで。終了間際にはPKで5点目を奪われた。

 次節の栃木SCは17日午後2時から、同会場で12位の徳島と対戦する。