「生きがいサロン」設立10年祝う 那須塩原・南埼玉地区

 【那須塩原】設立10年を迎えた地域の高齢者が集う「南埼玉地区生きがいサロン」(加藤美奈子(かとうみなこ)会長)はこのほど、南埼玉公民館で記念事業を行い、会員らが歌や劇を楽しんだ。

 「生きがいサロン」は、高齢者の居場所づくりを目的とした市の補助事業。旧西那須野町の事業を引き継いだ。市高齢福祉課によると、2005年の合併前は6カ所だったが、現在は60カ所に増加した。

 南埼玉地区のサロンは08年7月に発足。65歳以上の住民約30人が会員となっており、料理や手芸教室、スポーツといった活動を月2回行っている。

 この日は黒磯地区の民生委員の有志でつくる演芸グループ「やまびこ一座」が出演。演歌や踊りなどを披露したほか、参加者と共に歌謡曲を熱唱した。