練習に励む足利女子高のダンス部員ら

 【足利】来年2月24日に東京都渋谷区のNHKホールで開かれる「第19回地域伝統芸能まつり」に、市八木節連合会と足利女子高ダンス部の合同チームが出演する。八木節の魅力を幅広い年代に伝えようと、舞台のために初結成。熟練の技と高校生の躍動感ある動きが融合したステージを披露する。

 市八木節連合会は市内の八木節愛好会など19団体が所属し、約330人で活動している。同会の羽川照男(はがわてるお)副会長(69)が「若い人たちにも八木節に親しみを持ってもらう」ため、同部にチーム結成を提案した。