表彰を受ける優良団体の代表者ら

表彰を受ける優良団体の代表者ら

表彰を受ける優良団体の代表者ら 表彰を受ける優良団体の代表者ら

 【那須烏山】認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を見守る応援者となる市内の「認知症サポーター」が26日までに、5千人を達成した。人口に占める割合は約18%と県内トップクラス。市が2008年度から始めた養成講座の人口1万人当たりの開催回数は県内1位で、小中学校や高齢者の介護予防サロンなどでの継続的な開催が要因になっているという。

 養成講座は市が設定したり、市民からの依頼を受けたりして開催。市や市社会福祉協議会の職員らが講師を務め、受講者は認知症に関する知識や認知症の人への接し方などを学ぶ。