直木賞の門井さんに栃木県知事特別表彰 出身地の宇都宮から市民賞も【動画】

直木賞の門井さんに栃木県知事特別表彰 出身地の宇都宮から市民賞も【動画】

 「銀河鉄道の父」で第158回直木賞を受賞した宇都宮市出身の門井慶喜(かどいよしのぶ)さん(46)に2日、知事特別表彰とうつのみや市民賞が贈られた。

 県庁で行われた知事特別表彰授与式では福田富一(ふくだとみかず)知事が賞状とトロフィーを手渡し、「直木賞受賞をうれしく思う。県民挙げて応援します」と激励。門井さんは「地元で表彰を受けるとぐっときます」と話し、本県を舞台にした歴史小説の執筆にも意欲を示した。 記念品としてJA全農とちぎから県産コシヒカリ、とちぎ和牛、県産イチゴ「とちおとめ」も贈られた。

 文化関係の知事特別表彰はチェリストの宮田大(みやただい)さん=宇都宮市出身=に続き2人目。

 宇都宮市役所では、佐藤栄一(さとうえいいち)市長が門井さんに表彰状とギョーザ100人前の目録を手渡し、「門井さんの活躍は子どもたちの励み、目標になっている」などと述べた。

 門井さんは群馬県桐生市生まれ。3歳で宇都宮市に転居し、宇都宮東高から同志社大に進学。卒業後は同市内に就職し小説を執筆した。現在は大阪府寝屋川市在住。