ブレックス・ボーズマン、第1子誕生に「パワーを与えてくれるといいな」

 ブレックスのセドリック・ボーズマンが、新たな心境で3日からの京都戦を迎える。「調子もいい。しっかり練習して、いい状態で試合に臨みたい」と奮起を誓う。

 2月14日、母国アメリカで妻の出産に立ち会った。第1子となる男の子が誕生し、キャメロンと名付けた。「人生で一番うれしい瞬間だった。貴重な時間を過ごせた。パワーを与えてくれるといいな」と相好を崩した。

 島根戦を休場し、リーグ戦も2週間空いたことで母国に11日間滞在。単身赴任者にとって癒やしの時間となり、「妻と交代で赤ちゃんを抱いていたので、寝る時間があまり取れなかった」とうれしそうに振り返った。