中心商店街の通行量、横ばい 宇都宮市調査

 【宇都宮】2017年の市中心部の歩行者・自転車通行量は、休日9万2636人、平日8万7543人で、15年の前回調査とほぼ横ばいだったことが22日、市商工振興課が発表した「商店街通行量実態調査」で分かった。このうち、13年まで増加傾向だった休日の通行量は2回連続10万人を割り込んでいるが、同課は「猛暑や雨など調査日の天候によるもので、街のにぎわいに影響はない」としている。

 調査は商業振興施策や各店舗、商店街活動の基礎資料とするため、隔年で実施。休日と平日の動向が分かるよう17年7月23、24の両日、市中心部28カ所で歩行者、自転車を手動カウンターで計測した。

 休日の通行量は前回を556人上回る1%増。平日は1298人上回る2%増と横ばい。休日の通行者が多かったのは、JR宇都宮駅東西自由通路の1万2658人、オリオン通りの7894人だが、いずれも前回比1~2%減。平日も上位2カ所は同じだが、同自由通路は1万2806人で6%増となっている。

 また、休日の通行量が2回連続で10万人を割り込むなど、数字上は減少しているが、15年の調査日は気温35度を上回る猛暑日で外出者自体が激減。17年は雨で気温が下がり肌寒い日だったことで、目に見えて通行量が減少していた。

 現在の調査は夏場の2日間に絞っているため、近年の著しい天候不順でデータが影響を受けやすい。このため同課は「今後、商店街がどのような情報を求めているのかを精査し、調査の手法も含め考えていきたい」と話している。