白鴎足利の3区・飯田(左)が4区・川又にたすきをつなぐ(右)、那須拓陽の3区・伊藤(左)から4区・小野にたすきが渡る=京都市内

白鴎足利の3区・飯田(左)が4区・川又にたすきをつなぐ=京都市内

那須拓陽の3区・伊藤(左)から4区・小野にたすきが渡る=京都市内

白鴎足利の1区・増子(右)が2区・藤原にたすきをつなぐ=京都市内

白鴎足利の3区・飯田(左)が4区・川又にたすきをつなぐ=京都市内

那須拓陽の5区・伊藤(左)から6区・小野主将(右)にたすきが渡る=京都市内

白鴎足利の3区・飯田(左)が4区・川又にたすきをつなぐ(右)、那須拓陽の3区・伊藤(左)から4区・小野にたすきが渡る=京都市内 白鴎足利の3区・飯田(左)が4区・川又にたすきをつなぐ=京都市内 那須拓陽の3区・伊藤(左)から4区・小野にたすきが渡る=京都市内 白鴎足利の1区・増子(右)が2区・藤原にたすきをつなぐ=京都市内 白鴎足利の3区・飯田(左)が4区・川又にたすきをつなぐ=京都市内 那須拓陽の5区・伊藤(左)から6区・小野主将(右)にたすきが渡る=京都市内

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会は23日、京都市の西京極陸上競技場を発着点に男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで開催され、男子の那須拓陽(3年ぶり9度目)は2時間11分50秒で41位、女子の白鴎足利(5年ぶり5度目)は1時間11分11秒で27位だった。

 那須拓陽は1区で46位と大きく出遅れたが、4区の小野恵崇(おのけいしゅう)主将が3人抜きの好走。5区の阿久津佑介(あくつゆうすけ)、アンカーの益子翔太郎(ましこしょうたろう)も一つずつ順位を上げた。

 白鴎足利は31位でたすきを受けた2区の藤原唯奈(ふじわらゆな)が3人抜きの力走。アンカーの古橋佳奈(ふるはしかな)も2人を抜いた。

 男子は世羅(広島)との競り合いの末に倉敷(岡山)が2時間2分9秒で2年ぶり2度目の優勝。記念大会で58校が出場した女子は、5区・カマウ・タビタの区間賞の走りで5位から巻き返した神村学園(鹿児島)が初優勝を飾った。