新たに2商品ブランド認定 「なかよしマンゴー」と「猪のタレ」 那珂川町

 【那珂川】町は16日、町ブランド認定証交付式を町役場で開き、福島泰夫(ふくしまやすお)町長が新たに認定した鈴木材木店(小川)の「なかよしマンゴー」と関東ユウキ食品工業(大山田下郷)の「猪(いのしし)のタレ」の各事業者に認定証を手渡した。

 なかよしマンゴーは、町内の民間企業の熱供給施設のチップボイラー余熱を利用しハウス栽培されている。JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」の食材にも採用された。

 猪のタレは、町特産品の野生イノシシ肉「八溝ししまる」の焼き肉をおいしく味わってもらおうと、町地域おこし協力隊員のアイデアをきっかけに開発された。ユズの風味を生かしたさっぱりした味わいなどが特徴だ。