【電子号外】小平、五輪新で金 平昌五輪女子500

 【平昌共同】平昌(ピョンチャン)冬季五輪第10日の18日、スピードスケート女子500メートルで小平奈緒(こだいら・なお)(31)=相沢病院=が36秒94の五輪新記録で初優勝した。金メダルは日本スピード勢で女子初の快挙となり、1998年長野五輪男子500メートルの清水宏保(しみず・ひろやす)と合わせ二つ目。日本の冬季五輪通算は12個となった。

 今大会ではフィギュア男子の羽生結弦(はにゅう・ゆづる)(23)=ANA=に続いて2個目の「金」で、メダル数11は長野五輪を上回り最多となった。日本選手団主将の小平は2010年バンクーバー五輪の団体追い抜きと今大会の1000メートルで銀メダルを獲得しており3度目の表彰台。

 小平は前回ソチ五輪の後、本場オランダに留学するなどして急成長した。1000メートルで昨年12月に世界記録を樹立し、500メートルは昨季から国内外で25レース無敗となった。

【電子号外】小平、五輪新で金(2018年2月18日)

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。