東京五輪聖火リレー実行委員会の第3回会合=21日午前、県公館

東京五輪聖火リレー実行委員会の第3回会合=21日午前、県公館

東京五輪聖火リレー実行委員会の第3回会合=21日午前、県公館 東京五輪聖火リレー実行委員会の第3回会合=21日午前、県公館

 2020年東京五輪で全国を巡る聖火リレーのうち、県内のルートやランナー選考を話し合う実行委員会の第3回会合が21日、県公館で開かれた。会合は非公開で行われ、聖火リレーが通過する市町やセレモニーの実施会場案を承認した。県が実施した意向調査では、全25市町が地元での聖火リレー開催を望みルート案を提出したが、日程などから通過市町は約半数の12~13程度になる見通し。

 承認案は今月中に大会組織委員会に提出する。実行委員会は今後、個々のルートの詳細や聖火ランナーの公募、選定などを検討する。大会組織委員会は来年夏ごろに全国のルートなどを公表する予定。