アイホ小池選手に熱い声援 地元・日光で平昌五輪PV

 平昌冬季五輪のアイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」で、1次リーグ第2戦のスイス戦に出場した日光市出身のDF小池詩織(こいけしおり)選手(24)=道路建設ペリグリン=を応援しようと、同市主催のパブリックビューイング(PV)が12日、同市所野の日光霧降スケートセンター団体休憩室で開かれた。

 日本は1−3で敗れ、五輪初勝利はまたもお預けとなったが、小池選手を知る友人や地域住民ら約90人が集まった会場では、最後まで気迫あふれるプレーを披露した選手に惜しみない拍手が送られた。

 試合は同日午後4時40分に開始し、第1ピリオドは日本が主導権を握る展開に。「行け!」「シュートだ!」と会場は盛り上がり、小池選手がリンクに登場すると、赤色と黄色のスティックバルーンをたたく音が響き渡った。