ブリッツェン小坂が年間総合優勝 自転車オフロードJCX

ブリッツェン小坂が年間総合優勝 自転車オフロードJCX

 自転車オフロードのジャパンシクロクロス(JCX)シリーズ最終戦は11日、都内のお台場海浜公園特設周回コース(1周1・8キロ×10周=18キロ)で行われ、宇都宮ブリッツェンCXチームの小坂光(こさかひかる)が59分52秒33で2位となり、全12戦で争うシリーズ総合成績で2年ぶり2度目の優勝を飾った。

 全日本王者の小坂はスタートダッシュで3位。その後、前田公平(まえだこうへい)(弱虫ペダル)をかわし、竹之内悠(たけのうちゆう)(東洋フレーム)と一騎打ちに。3周目突入と同時に竹之内を追い抜いて一時はトップに立った。

 しかし、体力を必要とする長い砂セクションに苦戦。5周目からは竹之内の独走を許し、最後は1分30秒以上の大差をつけられて2位でフィニッシュした。