商売繁盛、豊作願う “初午いなりずし”が人気 宇都宮【動画】

商売繁盛、豊作願う “初午いなりずし”が人気 宇都宮【動画】

 きょう7日は「初午(はつうま)」。この日は全国各地で稲荷社を祭り、お稲荷様の使者とされるキツネの好物“いなりずし”を食べる風習がある。

 宇都宮市大塚町の専門店「万年いなり亀広」のいなりずしは、油揚げをしょうゆと砂糖などで煮詰めた甘みが特徴。初午の日は売れ行きが通常の2倍以上になるという。

 6日の調理場も朝から大忙し。店主の青木廣榮(あおきひろえ)さん(69)らが24時間以上寝かせて味が染み込んだ油揚げに、手際よく酢飯を詰めていった。青木さんは「初午の日の需要はここ数年で一気に増えた。県外から買い求める人もいて、ありがたいです」と話していた。