下野新聞社は19日、県内外のニュースや観光情報などを文字や動画で発信する大型映像装置(デジタルサイネージ)「ムーブメイト・ビジョン」を宇都宮市内の中心部など3カ所に設置し、稼働を始めた。

 設置場所は同市本町の下野新聞ビル、江野町の「下野新聞NEWS CAFE~スポルトバル」、昭和1丁目の下野新聞社本社ロビー。それぞれ55インチの大型モニター1台を設置した。

 速報を含む県内外のニュースを文字や写真、動画で配信するほか、天気予報や本紙号外、電子号外をタイムリーに掲載。9月にスタートした下野新聞社の新たな動画サイト「Movemate(ムーブメイト)」と連動し、県内各地の魅力を紹介するオリジナル動画も織り交ぜて紹介する。

 下野新聞ビルでは午前7時~午後11時、NEWS CAFEは午前11時~午後11時に稼働。県民によるムーブメイトへの投稿動画の配信なども見込んでいる。