ボルダリング楢崎智亜、順当に準決勝へ 五月女は2年連続 ジャパンカップ

 2020年東京五輪の追加種目、スポーツクライミングのボルダリング日本一を決めるジャパンカップは3日、東京・駒沢オリンピック公園屋内球技場で男女の予選が行われ、男子は昨季ワールドカップ(W杯)複合で総合1位の楢崎智亜(ならさきともあ)(県山岳連盟)が5完登の予選11位で準決勝に進出。女子は五月女(そうとめ)美元(みはる)(同)が4完登の予選17位で前回に続き2年連続で準決勝へと進んだ。

 このほかの県勢は前回決勝で5位の楢崎明智(ならさきめいち)(同)が腰痛のため予選直前で棄権。茂呂居岳人(もろいがくと)(佐野高)、川又玲瑛(かわまたれい)(瑞穂野中)、女子の中田茉那(なかたまな)(駒大)が予選敗退した。

 上位20人による男女の準決勝と決勝は4日に行われる。