医王寺客殿で行われた百人一首会

 【鹿沼】北半田の医王寺で19日、清洲第二小の児童44人が百人一首会を開いた。真剣勝負が繰り広げられ、会場となった県指定重要文化財、130畳の客殿は熱気であふれた。

 同校は百人一首を通じて古典や日本文化に触れる機会をつくろうと、全校児童を対象に週1回、百人一首を学ぶ時間を設けている。