「SL大樹」と鬼怒川温泉鬼まつり・春節まつりがコラボへ 限定ヘッドマークや沿線花火

 【日光】東武鉄道は、東武鬼怒川線のSL「大樹(たいじゅ)」と、今月開かれる「鬼怒川温泉鬼まつり」「鬼怒川温泉春節祭」とのコラボレーション企画を実施する。限定ヘッドマークの掲出や、沿線で花火の打ち上げなどを行い盛り上げる。

 鬼怒川温泉鬼まつり開催日の3、4日、SL「大樹」はまつりをイメージした限定ヘッドマークを使用。同温泉駅前転車台の回転時(午前10時半と午後1時50分)、SL観光アテンダントがお菓子などを振る舞う「ガラまき」を行う。また同温泉のキャラクター「鬼怒太」が一部の列車に乗車する。

 鬼怒川温泉春節祭(17、18日)では、18日午後6時35分ごろ、大谷向−大桑駅間で、SL「大樹」6号の通過に合わせて花火を打ち上げる。春節に中華圏の国で花火や爆竹でお祝いすることにちなんだ。