宇都宮市議の金子(かねこ)武蔵(むさし)氏(40)=同市宝木本町=は18日、下野新聞社の取材に対し、来春の県議選宇都宮市・上三川町選挙区(定数13)に立候補する意向を明らかにした。政党への公認申請については「関係者と協議中」としている。

 金子氏は現在市議1期目。会派「自民クラブ」に所属している。県議選への挑戦について同氏は「福祉現場の経験があるほか、4児の父親でもあることから、福祉や医療、子育て関係の課題に、より広域的に取り組んでいきたいと考えた。防犯対策や通学路の安全対策についても声を届けていきたい」と理由を述べた。

 日本大法学部(通信教育部)卒。元福祉施設職員。