宇都宮市、都内で企業立地セミナー データ示し市長がプレゼン

 宇都宮市は29日、本県への立地に関心のある企業などを対象にした「企業立地セミナー」を、東京・大手町のKDDIホールで開いた。佐藤栄一(さとうえいいち)市長がプレゼンテーションを行い、市の立地環境や魅力を熱心にPRした。

 セミナーには52社、約120人が参加した。佐藤市長は、市の経済・財政データを示しながら「商、工、農などが高いレベルでバランスが取れている都市」と紹介した。本社機能を移転する企業に対する支援制度や、企業立地補助金なども説明した。

 また、市などが進める次世代型路面電車(LRT)事業を挙げ、住みやすさもアピールした。「ぜひ宇都宮市を活用してもらいたい」と売り込んだ。