J2復帰元年、躍進誓う 栃木SCが必勝祈願祭

 サッカーJ2の開幕を来月に控え、栃木SCは28日、宇都宮市の二荒山神社で必勝祈願祭を行い、選手らが約1千人のファンとともに今季の躍進を誓った。

 栃木SCの橋本大輔(はしもとだいすけ)社長(41)、横山雄次(よこやまゆうじ)監督(48)、選手30人をはじめとする約70人が拝殿で行われた神事に参加した。その後、同神社前の宇都宮市バンバ市民広場に集まったファンを交えて必勝を祈願した。

 サイン会で長蛇の列ができるほど人気を集めた、新加入の元日本代表FW大黒将志(おおぐろまさし)選手(37)は「気持ちも新たになる。これだけ集まってくれるのは愛情の証し。ピッチで恩返ししたい」と活躍を誓った。