東京で「もおかいちごフェスタ」初開催 無料贈呈に長蛇の列

 【真岡】県の「いちご王国プロモーション」に合わせ、市は27日、東京都のJR有楽町駅中央口前で、初の「もおかいちごフェスタin有楽町」を開いた。完熟イチゴの無料プレゼントには長蛇の列。大消費地の消費者に「質も量も日本一」とアピールした。

 フェスタは、市が2019年度に予定する全国いちごサミットに向けた機運醸成の一環でもある。

 オープニングに当たって石坂真一(いしざかしんいち)市長は来場者に「生産者が心を込めて育てたイチゴをぜひ味わって、帰りにはお買い上げを」と呼び掛けたほか、真岡鉄道のSLや真岡木綿など市の魅力も売り込んだ。

 計1千人に2粒入りイチゴパックをプレゼント。午前中の300人分は約10分で配り終えた。「とちおとめハンドクリーム」によるハンドマッサージや、ロールケーキといった加工品販売も行われた。