悪質な訪問販売、ステッカーで「お断り」 栃木市が5万2千枚作製

 【栃木】悪質な訪問販売に困っている市民に活用してもらい被害を防ごうと、市は玄関先などに貼る「訪問販売・買取お断りステッカー」5万2千枚を作製した。県内では那須烏山市、那珂川町に続く作製。自治会を通じて配布する。

 市消費生活センターが2016年度に受けた相談は983件で、このうち「訪問販売」は106件、「訪問購入」は12件。いずれも前年より増えている。相談者の6割超が60歳以上の高齢者。「新しい布団の購入をしつこく勧められた」「言葉巧みに母親の形見の貴金属を安値で買い取られた」といった相談が寄せられた。

 今回のステッカーは縦15センチ、横5センチ。市マスコットキャラクター「とち介」を配したデザインで、「訪問販売・買取お断り!」と明記。拒否の意思を表示した消費者への勧誘は法律で禁止されていることを盛り込んでいる。

 ステッカーが貼ってあれば、悪質な訪問販売に遭った場合、拒否の意思表示がしやすくなるという。