来季から指揮を執る栃木SCの田坂新監督(左)と橋本社長=県庁記者クラブ

 J2栃木SCの新監督に、J2大分をJ1昇格に導いた実績もある田坂和昭(たさかかずあき)氏(47)が就任した。今季は13勝11分け18敗の17位に終わった栃木SC。持ち味の堅守で9試合負けなしもあったが、無得点も17試合と決定力不足が改めて浮き彫りになった。17日の就任記者会見で、来季からかじ取り役を担う田坂新監督は「守備のベースがあり、のびしろはある」とチームの躍進に自信を見せた。

 一問一答は次の通り。

 -栃木SCの監督を引き受けた理由は。

 「まず非常に誠意のあるオファーを受けた。『このクラブを何とか変えてほしい。経験を注いでほしい』という熱い言葉にも心打たれた。栃木は堅守速攻が確立されているが、新たなチャレンジができる可能性にやりがいを感じた」

 -来季の戦い方のイメージは。

 「戦力がそろった時点で考えたい。そこで何位を狙うかなど数字の目標も言える。戦術は陣容次第だが、現代のサッカーはスペシャリストがいるだけでは勝てない。11人全員が攻守でハードワークすることには変わりない」

 -若手の育成にも定評がある。

 「監督業で一番やりたかったこと。自分自身もサッカーを通して人間的に大きくなれたし、選手にもその感覚を味わってほしい。栃木には個性のある面白い選手がたくさんいる。伸ばしてあげたいというのはおこがましいが、選手と一緒に私も経験を積ませてもらう」

 -選手たちに何を最も求めるか。

 「好きなサッカーを仕事にしている以上、サポーター、スポンサー、地域に還元しなければいけない。1人の社会人として何をすべきか、地域に何が貢献できるかを考えて仕事をしてもらいたい」

 -県グリーンスタジアムの芝は、傷みが激しい時期があった。

 「どのチームでもそういう状況はあった。環境を言い訳にしてはいけない。環境は変えられないが、自分の気持ちは変えられる。ここがわれわれのホームだ、ぐらいの気持ちで戦ってほしい。良くない環境でもやるのがサッカー。逆にそこで感動を与えられたらいい」

 -県民にメッセージを。

 「栃木県は縁もゆかりもないが、だからこそ楽しみたい。われわれはサッカーを通し感動や勇気を与えたい。みんなと一緒に戦うことができれば大きなパワーにもなる」