足利ゆかりの映画上映 2月24日から映像まつり

 【足利】「第3回あしかが映像まつり」が2月24、25の両日、市内の映画館などで開かれる。市ゆかりの映画を上映後、監督や出演者の舞台あいさつを計4回行うほか、閉館した井草町の旧東映プラザを活用した特別上映会を実施する。

 大月町の映画館「ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが」では24日、市出身の菊地健雄(きくちたけお)監督作「望郷」や、旧東映プラザなどで撮影された「今夜、ロマンス劇場で」など計3作を上映。監督や出演者による舞台あいさつを、作品ごとに実施する。

 25日は足利ゆかりの小説家檀一雄(だんかずお)原作の「花筺/HANAGATAMI」を上映後、主演の窪塚俊介(くぼづかしゅんすけ)さんらのトークショーを行う。入場料は各回で一般1200円。