4台に増設された拝観券自動券売機

 【日光】山内の世界遺産日光東照宮は17日までに、Suica(スイカ)などの交通系電子マネーで決済できる拝観券自動券売機を既存の2台から4台へ倍増させた。今秋に初登場した券売機が参拝者から好評を得ており、年内の増設を検討していた。

 設置場所は4台とも有料拝観エリア入り口である表門前の拝観受付所。日本語のほか英語、中国語、韓国語に対応しており、9種類の交通系電子マネーと現金で拝観券を購入できる。

 東照宮によると、9月に2台を設置した以降、参拝者の3割前後が券売機を利用した。さらに今月16日に4台態勢としたところ、初日の利用者は参拝者約4500人のうち約3100人と7割近くを占めた。