ソフトテニス女子・白鴎足利、決勝進出ならず 関東高校選抜

 関東高校選抜スポーツは21日、宇都宮市清原体育館ほかでソフトテニス、空手道、フェンシングを行った。

 ソフトテニス女子団体の白鴎足利は準決勝で埼玉平成(埼玉)と対戦し、1−2で惜しくも敗れたが、3位となり全国大会出場を決めた。フェンシングは男女のフルーレ団体を行い、初戦で敗れ、敗者復活戦を勝ち抜いた男子の宇南が全国切符を手にした。

 空手道は男女の個人組手と団体組手を行い、県勢の個人は全て1回戦で敗退。団体も男女とも初戦敗退し、全国大会出場枠も逃した。