アイスホッケーアジアリーグの国内4チームによるリーグ戦「ジャパンカップ」のHC栃木日光アイスバックスは21日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで東北と対戦し、4−1で快勝した。通算成績は5勝1敗、勝ち点15。

 バックスは第1ピリオド8分に先制点を献上した。しかし、第2ピリオドは9分にFW寺尾勇利、12分にFW牛来拓都、15分にDF佐藤大翔が3連続ゴールを決めて一気に逆転。最終ピリオド7分にも寺尾勇が追加点を奪った。

 バックスは27日午後4時から、日光霧降アイスアリーナで日本製紙と対戦する。