パナソニック跡地、大和ハウスが落札 宇都宮・平出工業団地 事業者に分譲・賃貸へ

 宇都宮市の平出工業団地内で同市が所有するパナソニック工場跡地約8・7ヘクタールの一般競争入札が19日行われ、建設業の大和ハウス工業宇都宮支社(同市平松本町)が落札した。落札価格は31億5千万円。下野新聞社の取材に同社は、土地利用の方向性について「計画段階だが、土地の造成後、市の土地利用条件に沿って希望する業者に分譲や貸借を行いたい」との意向を示した。

 市は同跡地公売について、地域経済活性化や雇用創出を目的に製造業や物流関連産業、ソフトウエアなどの特定サービス業、研究所の産業用途とする土地利用条件を設定。一括で売却するが、落札業者が分割して分譲や貸借することも可能とした。