福豆300キロ用意 節分の福升作り始まる 日光山輪王寺

 【日光】山内の日光山輪王寺で19日、2月3日の節分会(せつぶんえ)に向けた福升作りなどの準備作業が始まった。

 大寒の日に前後して準備が始まる。本坊に僧侶ら7人が集まり、清めの儀式を行ってから福升作りやお札の書き入れに当たった。

 山伏姿の僧侶が升に福豆を入れ、女性寺務員が縁起物を収めて福升を完成させていった。準備は節分当日まで続き、用意する福豆は300キロに及ぶという。

 寺務員柴田典子(しばたのりこ)さん(42)は「いよいよ節分。新たな気持ちで過ごせるよう願い、数年ぶりの作業に当たった」と話した。