GB入団、飯原単独インタビュー 「若手に負けてない」

 栃木GBに入団した飯原誉士が18日の会見を前に下野新聞社の単独インタビューに答えた。一問一答は次の通り。

 −栃木GBへの入団を決めた理由は

 「ヤクルトからはユニホームを脱いでスカウト編成部に入ることを打診されたが、踏ん切りがつかなった。妻から『やりたいことをやって』と言葉をもらい、もう一度挑戦する気持ちが湧いた。野球ができる環境を与えてくれた栃木GBに感謝の気持ちでいっぱい」

 −選手兼コーチとして迎える今季の目標は。

 「打撃を中心に結果を出し、NPB(日本野球機構)に戻りたい。コーチとしては一人でも多くNPBに行かせてあげたい。1年目は思うように勝てずに苦しんだと聞いているが、失敗は失敗として次につなげればいい。力を合わせて思い切ってプレーしたい」

 −ヤクルト時代に背負った背番号9へのこだわりは。

 「球団から『好きな番号を選んで』と言われたので最初は1を希望したが、辻監督が着けていた。小学校で野球を始めてから初めて着けた背番号が12と9。その中で空いていた9を選んだ」

 −栃木のファンに意気込みを。

 「ヤクルト時代のファンの皆さんにお礼も言えないまま出ることになってしまったが、栃木で元気にプレーしている姿を見てほしい。強いチームであれば多くの人に見に来てもらえる。そういうチームになっていけるよう努力したい」