栃木県内で289件のスリップ事故 18日朝、日光宇都宮道路は一時上り通行止め

 県警交通企画課は18日、同日午前0時から同9時の間、スリップ事故289件を認知したと発表した。内訳は人身事故が12件、物件事故が277件。57件は滑り止め装置がなかった。

 事故の類型を見ると追突が76件、出合い頭の衝突が8件、車両単独が182件、その他23件。

 18日早朝には、日光宇都宮道路上り線で路面凍結による事故が数件発生し、午前9時現在、同上り線で日光−宇都宮インターチェンジ間が通行止めとなっている。

 県警高速隊によると午前7時20分から今市−土沢インターチェンジ間、午前7時31分から日光−土沢インターチェンジ間を通行止めとした後、さらに土沢−大沢、大沢−宇都宮インターチェンジ間にも規制区間が広がった。