「制服リサイクルバンク」20日から初の展示会 鹿沼東中学区の住民有志

 【鹿沼】東中の通学区域の住民有志団体「東中制服リサイクルバンク」による、不用になった制服などを回収、安価で提供する活動が2年目に入った。継続的な活動の定着を目指す同団体は、20、21日の両日、東部台コミュニティセンターで今年初めての展示会を行う。

 この取り組みは、同校にこれから進学する児童や転校生、成長してサイズが合わなくなった在校生らの助けになろうと始まった。メンバーは発足時から1人増えて同校学区内に住む男女7人。制服などのストックも増え、現在は250点以上を保管している。