群馬県館林市の多々良川で2015年4月、足利市助戸3丁目、化粧品販売業萩原孝(はぎわらたか)さん=当時(84)=の遺体が見つかった事件で、強盗殺人と死体遺棄の罪に問われた同市県(あがた)町、派遣社員落合和子(おちあいかずこ)被告(43)の裁判員裁判論告求刑公判が14日、前橋地裁(鈴木秀行(すずきひでゆき)裁判長)で開かれた。検察側は「財産目的で命を奪うだけでなく、冷たい川に遺体を物のように捨てたのは非常に悪質」として無期懲役を求刑。弁護側は強盗殺人罪への関与を否定、死体遺棄罪はほう助にとどまるとして執行猶予付きの判決を求めた。